News

2021.12.31商品についてトライアル発注制度に認定されました

前回、木と人の家具シリーズが、富山プロダクツに選定されていることをご紹介しましたが、

実はもうひとつ、木と人の家具は富山県が行う「トライアル発注制度」にも認定されています。

 

トライアル発注制度は、富山県が認定したベンチャー企業・中小企業者等の開発した新商品・新サービスについて、県が販路開拓支援や商品開発支援(使用後の意見をフィードバック)する制度。

対象となる商品は、富山プロダクツ認定商品であることが応募条件のひとつになっており、認定されると富山県が優先的に商品のPR・販売を行ってくれます。

 

 

木と人の家具シリーズが選定された理由として、以下のことが評価されました。

・木材を用いた「オフィス家具」であることに新規性がある。

・節を生かしたデザイン性に優れた商品である。

・富山県産材が使用されている。

 

 

家庭用家具ではなく、木材を使用した「オフィス家具」であることの斬新さや、節が良いアクセントになった洗練されたデザイン・高級感に好感が持てる、との意見をいただきました。

また、県産材の活用促進につながる商品づくりも評価されました。

 

一方で、

・キャスター付きや高さが変えられるなどの機能もあるとよい。

・パーテーションは、表面に凸凹を設けて音響パネル(吸音・反射)として販売してはどうか。

などの意見も挙がりました。

このようなフィードバックを直接いただけることは貴重で、これからの商品づくりに生かしていきたいと思います。

 

富山プロダクツやトライアル発注制度に認定されることで、より多くの人に木と人の家具を知っていただけると嬉しいです。

ぜひみなさんのオフィスでも、富山県産の天然杉で作られた「木と人の家具」を使ってみませんか?